FOUNDER

創設者・沿革

創設者

安部 清美 先生

桑原 玉市 先生

「一人の子を粗末にする時、教育はその光を失う」

​​本校創設者 安部清美先生

九州、福岡県宗像郡、神興(じんごう)小学校校庭に「神興教育の碑」として刻まれています。
大正から昭和にかけてこの学校に勤務した青年教師、安部清美氏の愛と情熱の教育格言。

本校の創設者でもある安部先生の魂は今も尚、本校の礎となっております。

沿革

1957年(S32)明林高等学校 創立        創設者      安部   清美 

1963年(S38)第二高等学校と改称

1966年(S41)立花女子高等学校 創立  創設者  桑原 玉市

1973年(S48)立花高等学校と改称

   〃               電波学園抗争の余波を受け、生徒数3名に

1970年代後半  全国から中途退学者を受入れ

1985年(S60)新1年生より制服着用を義務化

1994年  (H6)   学内不登校委員会設置

1996年  (H8)   東区奈多公民館において不登校生の為の

   〃               学校外教室開設[現在5ヶ所]

   〃               適応指導学級[現サポート学級]開設

2003年  (H15) 全日制・単位制導入

2005年  (H17) 先進校視察開始

2006年  (H18) 学校設定科目 ワールド開設

2011年  (H23) 特別支援教育セミナー主管校として活動

2012年  (H24) 卒業生の就労支援目的としたNPO法人「パイルアップ」を設立   

   〃               北欧視察

2013年  (H25) フェルト アシスタント採用

   〃               タイ王国バンコク「プラモチ校」と

                     姉妹校提携及び生徒交流始動

2014年  (H26) 文部科学省 モデル校として

   〃               デュアルシステム(長期職場体験)の導入

                   社会福祉法人 野の花学園と業務提携

                   学校敷地に共同作業所「キャリアワーク立花」開設  

2016年  (H28) 新校舎・体育館・グランド完成

学校法人 立花学園

〒811-0213

福岡県福岡市東区和白丘2丁目24−43

TEL   092-606-2792 FAX 092-606-2846

Copyright © 2016 学校法人立花学園|立花高等学校 All Rights Reserved.