パイルアップ

パイルアップとは、積み上げるという意味です。

さらに本校で馴染み深い言葉があります。

 

それは

”できないことを嘆くより、できていることを認め合う”

という言葉です。

パイルアップシステムとは、単位取得方法。

一歩ずつ自分のペースで出席を積み上げていこう

というシステムです。

​校長先生からあなたへ!

学校長から皆様へ

立花高校ならではの考え方

本校の「パイルアップ」という基本概念をシンプルに説明すると、

「できないことを嘆くより、できていることを認め合う」

このようになるのではないでしょうか。「当たり前」という価値観でものをみると「たったこれだけ…」と嘆きたくなる事でも、ゼロをベースに考えると全然見え方が違ってくるのです。

 

例えば!「学校に一日しか来れなかった…」ではなく、「頑張って一日来れた」なのです!

 

こんな考えは甘いですか?甘くて結構!これが立花高校ならではの考え方なのです。

そうやって小さな一歩を確実に積み重ねていくことも、一気に大きなジャンプを果たすことも、

どちらも素晴らしいじゃないですか?

君は君、その愛くるしさに優劣などありません。君は君のままでいいんだよ。

学校法人 立花学園

立花高等学校 校長 齋藤 眞人

学校法人 立花学園

〒811-0213

福岡県福岡市東区和白丘2丁目24−43

TEL   092-606-2792 FAX 092-606-2846

Copyright © 2016 学校法人立花学園|立花高等学校 All Rights Reserved.